栗きんとん販売は岐阜県中津川市の栗菓子処:信玄堂

岐阜県中津川銘菓:【栗きんとん】が出来るまで

【栗きんとん】は味はもちろん風味も季節を感じて頂くために、大切だと考えております。 栗菓子処-信玄堂では、熟練の菓子職人が、新鮮な栗を気候・気温を日々調節しながら、 窯で焚き上げ、一つ一つ丁寧に茶巾絞りにして作り上げております。




■新鮮な栗をきれいに水洗いし、丸ごとそのまま蒸し上げます。


■蒸しあがったばかりホクホクの栗を半分に切ります。

【栗きんとん】は味はもちろん風味も大切です。栗の中身を確認し、色の悪いもの・ 臭いの悪いものは全て取り除きます。

■半分に切った栗の中身を取り出します。

毎年【栗きんとん】の時期には、栗ほりの専属アルバイト・パートの方に お手伝いを頂いて、昔ながらの方法で、一つ一つ丁寧に竹べらで中身を取り出します。
手ぼりだけではさすがに追いつかない為、機械で半分に切った栗をローラーにかけてつぶし、 中身を取り出す作業も行っております。

■栗の中身を裏ごしします。

機械を使って、栗の中身を丁寧に裏ごしし、口当たりなめらかな状態を作ります。

■手でもふるいにかけます。

栗の粒状を残す為に、手作業でふるいにかけながら、皮やシブなどの不純物を 取り除きます。

■窯で焚き上げます。

不純物取り除いた栗の中身に砂糖を加え、栗きんとん餡を炊き上げます。 気候・気温により栗の状態、窯の焚き時間等の調整が必要となります。 ここは、昔からの職人の腕のみせどころです。
【栗きんとん】の材料は、栗100%と砂糖のみ。それゆえに日持ちがしないのですが、 味は格別で秋の代表銘菓であり、季節を感じて頂けます。

*おまけ*■ここで『おこげ』が取れます。

テレビで取り上げられた事で話題となった『おこげ』。 窯から栗きんとん餡を取り出し、窯の底ににこびりついたものが『おこげ』です。 材料はもちろん【栗きんとん】と同じ。窯のふちについた物なので 栗きんとんの薄皮せんべいといった所でしょうか。

■茶巾絞りにして仕上げます。

栗きんとん餡を定分量に分けて、一つ一つ丁寧に茶巾絞りにして仕上げます。

■包装をして出来上がりです。

■【栗きんとん】大臣賞受賞■

栗菓子処-信玄堂では、昭和59年に【栗きんとん】で大臣賞を受賞しております。
昔から伝わる伝統の味を、職人達が受け継ぎながら、創業90年を迎えようとしております。
これからも皆様に愛されるお菓子を作るよう、日々努力してまいります。